ネパール環境視察団受入・山崎川グリーンマップ


2014年10月14日(火)ネパール環境視察団の受け入れをしました。山崎川グリーンマップのお手伝いです。
ネパールも文明化が進み首都カトマンズに人口が集中し、そこを流れるバグマティ川の汚染は深刻のようです。

ソムニードの招待でネパールの教育関係者が環境保護の視察に来日されました。

山崎川視察のスケジュールは、
鳥撮会会員が、山崎川の汚染が目立った70年代から蘇った今までの変遷を説明。
続けて近隣の小学校で、給食後の分別しての後片付け、教室掃除等を見学。

近い将来、カトマンズに昔の美しいバグマティ川が取り戻されることを願ってます。

関連webサイト
ソムニード 特定非営利活動法人
「聖なるバグマティ川 大一掃計画!」


メンバーは行政機関と学校の校長、教員の方々です。


山崎川の昔の話を交えて、川沿いを視察。台風明けで川に濁りがあるのが少し残念です。



小学校の校長先生から、名古屋市の環境教育のお話をして頂きました。
給食後の後片付けを見学。台風明けのこの日、残念ながらレトルト給食で後片付けも簡単ですが、しっかりと分別。


視察終了後の簡単な食事。因みにネパールは普通朝夕2食の生活だそうです。
最後にお礼の記念品を頂きました。カレンダーは世界の観光国らしく祭日抜き、文字は6ヶ国語で書かれてました。

瑞穂フォーラム2014/11/08記事より転載。