ハシボソガラスがミシシッピアカミミガメを捕食


会員が撮影した「ハシボソガラスのミシシッピーアカミミガメ子亀の捕食シーン」が、貴重な証拠写真として名古屋市生物多様性センターに採用されました。
これまでにも水辺調査で、捕食後の子ガメの甲羅が見つかっているものの、捕食者が不明だったそうです。しかし、この写真で捕食者が特定できたそうです。
いつの日か、この写真が同センターの報告書などに使用されることになりそうです。


撮影:2017/4/27